ハイドロキノンとは?

最近注目されているハイドロキノン。名前は聞いたことがあるけれど、具体的にはどんな成分なのか知らないーーそんな方の為に、"ハイドロキノンとはどんな成分なのか"を解説いたします。
ハイドロキノンは現在、美白成分として最高レベルに効果がある成分です。

 

しかし驚くべき事に、元々は写真(デジタルカメラではない方の、です)の現像に、ハイドロキノンは用いられているのです。じつは筆者も、化学の授業で『ハイドロキノン=写真の現像に使う物質』と学んでいたので、化粧品にも配合されていると知った時は、「嘘でしょ?あんな物が?」と非常に驚いたものです。その次に、「これ、本当に化粧品なんかに配合していいの?」と疑問に思ったのですがーーこれに関しては、またBで説明いたします。

 

ハイドロキノンって、美白にどんな風に効くの?

美白にハイドロキノンがどう関係してくるのかーーそれを説明する前に、美白の大敵ーーつまりメラニン色素が、どうやって体内で作られるのか、お話しておきたいと思います。
太陽光が肌に届くと、日光による害を防ぐ為に、メラニン色素が作られます。が、このメラニン、原材料は何だと思われますか?なんと、体を形成しているアミノ酸の一種、チロシンが原材料なのです。もっとも、直接チロシンがメラニンに変わる訳ではなくて、段階をへてメラニン色素に変わります。この時、チロシンは酸化され続けて、メラニン色素になります。
簡単に書くと、

 

チロシン→(酸化)→……(酸化)→メラニン

 

という感じです。
ここで、化学の用語をもう一つ使います。「還元」という言葉です。覚えて頂きたいのは、「酸化」と「還元」は反対の意味を持つ、という事です。

 

さて、ここからが本題です。
ハイドロキノンが、美白ーーつまり、メラニン色素をどうやって減らすかーーに何故効果があるのか、という話に戻ります。
ハイドロキノンには、強烈な「還元」作用があるのです。つまり、メラニン色素を作る「酸化」作用に対抗する力がある、という事です。先程、写真現像するのにもハイドロキノンが使われると書きましたが……実を申しますと、ハイドロキノンって化学薬品として使われるだけではなくて、自然界にも沢山存在しています。多くの植物の中に、アルブチンの一種、として。ビタミンCが美白に効く事は皆様ご存知だと思いますが、ビタミンCは還元作用を持っています。そしてアルブチンはメラニンを作る酵素の邪魔をする性質があるので、美白成分として配合されています。
ですからハイドロキノンは、ビタミンCとアルブチンが一体になった形になる訳で、非常に優れた美白成分なのです。

 

ハイドロキノン配合化粧品を使用する時の注意点

 

ここまでは、ハイドロキノンがもつ"良い特徴"を挙げてきましたが、"悪い特徴"について、ここで説明します。
@で筆者が「これ、化粧品に入れていいの?」と思った理由。それは、ハイドロキノンが余りにも強い還元作用を持っている、つまり酸化されやすい物質だからなのです。そして酸化→メラニン色素……。
察しのよい方ならお気づきでしょう、肌に残ったハイドロキノンは紫外線の影響を受けて、美白効果を台無しにしてしまうのです。美白どころか、肌が余計に黒くなってしまいます!

 

この副作用を防ぐ為に、使用する時や使用後は、目安としてSPF30以上、PA++以上でなおかつ強力なウォータープルーフ効果がある日焼け止めを、必ず使用してください。

 

ハイドロキノン配合化粧品で、かえって肌が黒くならないよう、ご使用はくれぐれも慎重に!

 

普通に売られている化粧水などの化粧品や健康食品・サプリに入っているプラセンタは馬由来や豚由来のものです。安全性の高さの点から判断しても、馬や豚の胎盤を原料としているものが間違いなく一番信頼して手に取れます。化粧品関係の数々の情報が世間にたくさん出回っているこのご時世、事実あなたの肌に最もしっくりくる化粧品にまで行き当たるのは難しいものです。まず最初にトライアルセットでちゃんと試していただければと考えます。よく知られている製品 を発見しても自分自身の肌に合うかどうか不安になると思います。許されるなら決められた期間試しに使用することで最終判断をしたいというのが本心だと思います。そういった時に利用すべきなのがトライアルセットです。食品として体の中に摂取されたセラミドは一旦は分解され他の成分に変異しますが、その成分が皮膚の表皮に到達してセラミドの生成が促進され、角質層内のセラミド生産量が徐々に増加するとされているのです。中でも特に水分不足になった皮膚の状態で困っているならば、身体全体にコラーゲンが申し分なく存在していれば、きちんと水分がたくわえられますから、ドライ肌へのケアにもなり得るのです。

 

結構浸透している高機能成分セラミドは、表皮細胞の新陳代謝の過程で作り出される“細胞間脂質”であり、水分を約3%程度保有し、角質層の細胞をセメントのようにくっつける重要な役目をすることが知られています。美容液という名のアイテムは基礎化粧品のひとつであって、洗顔料で洗顔した後に、化粧水を用いて水分を浸みこませた後の皮膚に塗るというのが通常の使い方でしょう。乳液タイプになっているものやジェル状の製品などが存在します。洗顔料による洗顔の後は時間とともに化粧水の肌への浸透の割合は減少します。また顔の汚れを綺麗に落とした後がもっとも乾燥した状態になるので、なるべく急いで保湿できる化粧水ををつけておかないと乾燥が進みます。老化や強い陽射しを浴びると、全身の至る所にあるラーゲンは劣化して硬くなったり量が減少したりするのです。この現象が、肌に硬く刻まれたシワやたるみを生み出すきっかけとなります。お肌の組織の約70%がコラーゲンで作られていて、角質細胞の隙間を満たす形で繊維状に存在しているのです。肌にハリを与え、シワのない美しい肌を保つ真皮を形成するメインとなる成分です。

 

コラーゲンという成分は伸縮性に富む繊維性たんぱく質で細胞と細胞の間を接着するための役割を果たし、保湿成分として有名なヒアルロン酸は繊維で構成されたコラーゲンの隙間を埋める形で、水分の欠乏を阻止する機能を果たします。成人の肌のトラブルの主な要因はコラーゲンが不足していることであると言われています。真皮のコラーゲン量は年ごとに減り、40代の声を聴くと20歳代の時と対比させると約50%くらいしかコラーゲンを作り出すことができません。皮膚表面には、強靭で丈夫なタンパク質からなる強い角質層で覆われた層が存在します。この角質層内の細胞の間に存在するのが「セラミド」といわれている細胞間脂質の一つです。化粧水が持つべき大事な役割は、潤いをプラスすることよりも、肌の本来の凄いパワーがしっかりと働けるように、肌の状態をコントロールすることです。美容液を使ったからといって、誰もが必ずしも白い肌を手に入れることができるとは限らないのです。常日頃の地道な日焼け対策も重要になってきます。状況が許す限り日焼けをせずに済む対応策をしておくことが重要です。