肌の糖化とカルボニル化の原因と解決策

  • 糖化
  • 体内のたんぱく質が糖質と結びついてAGEsという物質が増えることです。 体のあちこちで起き、糖尿病、骨粗しょう症、アルツハイマー病、動脈硬化、脱毛・抜け毛の引き金にもなると言われています。
    この「糖化」が肌で起きてしまうと、たんぱく質、つまりコラーゲン線維同士が固まってしまい、弾力がなくなります。 そのため肌にハリがなくなってしまいます。
    AGEsというんは褐色なので、肌色が黄色っぽく見えてしまいます。
    糖化の原因としては、糖分を多く含む甘いものをよく食べる、夏以外日焼け止めはしない、お酒の飲み過ぎ、喫煙、睡眠不足が考えられます。

  • カルボニル化
  • 脂質の分解物と真皮のたんぱく質が結合することによって、変性することをカルボニル化と呼ばれます。 年代別にみると、カルボニル化したたんぱく質は40代以降になると多くなるのだそうです。
    カルボニル化の原因としては紫外線によるダメージ、たばこ、ストレス、活性酸素、環境汚染物質といった酸化、加齢に伴う鉄蓄積が原因として考えられます。
    カルボニル化は黄ぐすみだけでなく肌のしわやたるみの原因にもなると言われています。

 

では、「糖化」や「カルボニル化」の解決策は…?

お肌の「糖化」・「カルボニル化」の予防や解決策としては…

  • 甘いものを食べ過ぎない
  • 炭水化物中心の食費を控える
  • 飲み過ぎ、たばこ、睡眠不足を改善する
  • 代謝を向上させる
  • 抗酸化対策をする
  • 皮脂対策をする
  • 紫外線対策をする
  • 美白コスメを使う

甘いものの摂り過ぎは肌の「糖化」を促進してしまいます。 過剰摂取は控えるようにした方がよいでしょう。
バランスの良い食事をするように心がけ、睡眠不足解消など生活習慣の改善はお肌だけでなく、体内環境の改善にもつながります。
適度な運動もお肌・体の健康につながります。 散歩やストレッチなど軽めの運動から取りいれていくとよいと思いますよ。

 

皮脂が紫外線を浴びると参加が怒り、カルボニル化につながるため、皮脂対策はしっかりとしましょう。 乾燥により皮脂が余分に生成されてしまうのでお肌の保湿ケアは重要です。
たばこやストレスによる活性酸素の過剰発生を防ぐのも大切です。
ビタミンCやポリフェノールなどを意識して摂取し、体内からの抗酸化対策をするとよいでしょう。

 

美白コスメを使うことも重要です。 メラニンの生成を抑え、糖化などのケアもできる成分が配合していて、くすみも改善してくれる美白コスメを使うことをおすすめします。

 

ホワイトケア トライアルセット

美白ケア(本製品2)

最近人気の頭皮ケアはスカルプケア(scalp care)とも呼ばれているお手入れ方法です。頭皮はヘアの問題の代表である抜け毛や薄毛などに密に関係すると同時に、フェイスラインのたるみにも影響を及ぼすのです。基礎化粧品でエイジングケアして「老け顔」大脱出!自分の肌の性質をきちんと見極めて、自分にぴったりのスキンケア化粧品を選択し、正確に肌ケアすることで「老け顔」とおさらばしましょう。整形外科とは異なって美容外科が欠損や損壊のない健康な身体に医師が施術を付加するという美容のための行為なのを差し置いても、危機管理や安全性の確立がおろそかにされていたことが大きな原因だろう。特に就寝前の歯のケアは大切。“蓄積くすみ”を取るため、就寝前はちゃんと歯をブラッシングしましょう。歯のブラッシングは回数が多いほど良いというものではなく、そのクオリティを向上することが重要なのです。アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)を薬の力だけで完治させようというのには無理があると言わざるを得ません。習慣や楽しめることなど生活すべてのテーマまで拡大した診察が重要になります。

 

美白ブームには、90年頃からじわじわと女子高生などに拡大したガングロなど、不自然なまでに酷く日焼けする独特な渋谷系ギャル文化への対抗とも取れる考えが存在している。残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に至るスポーツ観戦・翌日の夫のお弁当や朝食の下準備…。お肌が荒れてしまうということは承知していても、実のところ理想とされる8時間もの睡眠を取れない人が多いようです。元来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞間にたくさんあり、保湿やクッションのような作用をして細胞を擁護していますが、年齢を重ねるにつれて体内のヒアルロン酸はどんどん減少していきます。更に、皮膚の弛みに大きく影響するのが表情筋。喜怒哀楽の様々な表情を生む顔に張り巡らされた筋肉のことです。肌の真皮に存在するコラーゲンと同様、表情筋の機能も加齢にともなって衰えるのです。早寝早起きはもちろんのこと、週に2回以上楽しい事を続ければ、健康の度合いは上昇するのです。このような事例が起こり得るので、アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚科の医師を受診するようにしてください。

 

ネイルケア(nail care)とは、手足の爪や指先のお手入れ全般を指す。健康、ビューティー、皮膚科の医療行為、生活の質(quality of life=QOL)の保全などいろんな活躍の場があり、既にネイルケアは一つの確立された分野と言えよう。トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、色素の濃いシミをいち早く薄い色にするのにいたって優れている治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・女性に多くみられる肝斑・赤く残ってしまったニキビ跡などに効果があります。深夜残業、終電帰りの飲み会、深夜に至るスポーツ中継・翌日の子どものお弁当や食事の下準備…。お肌が荒れるということは分かっていても、実は7時間もの睡眠時間を持てていない人が多いでしょう。どこにも問題のない健康な人にみられるむくみだが、これは自然なこと。ことさら女性は、夕方のふくらはぎのむくみを防ごうとしているが、人ならば、下半身のむくみ自体は正常な状態なので気にしなくても良いのである。例を挙げれば…今、このサイトを見ながら頬杖をついたりしていませんか?実はこのクセは手のひらからの圧力を最大限に頬へ伝えて、繊細なお肌に負荷をかけてしまうことにつながっています。